スポンサーサイト

  • 2011.05.06 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

HT-03AにカスタムROMを入れてみた

(注) root権限取得、カスタムROM適用をすると保証対象外となります

メイン端末がXperia arcとなったため、HT-03AにカスタムROMを入れてみました。
手順は以下のとおりです。

(1) Android SDKセットアップ

 公式サイト(http://developer.android.com/)からSDKをダウンロード。

 ・ SDKメニューにある、android-sdk_r○-windows.zipをダウンロード
 ・ 適当なフォルダに解凍(例えば、C:¥Android¥android-sdk-windows)

 やらなくても可ですが、platform-toolsのadb.exeをどこのフォルダ
 でも使えるように、C:¥Android¥android-sdk-windows¥platform-tools
 を環境変数のPATHに追加する。

(2) USBドライバのダウンロード

 SDK内の"SDK Manager.exe"を起動し、Availabe packagesメニューから、
 USBドライバをダウンロードする。

 ・ Third party Add-onsを選択
 ・ Google Inc.を選択
 ・ Google USB Driver package, ○○ にチェック
 ・ 右下のInstall Selectedをポチ

 面倒だったら、Third party Add-onsを全部ダウンロードしちゃう。
 ダウンロードできたら、
 C:¥Android¥android-sdk-windows¥extras¥google¥usb_driver
 配下にファイルが配置されるため、端末をUSB接続してドライバの
 セットアップ時に上記フォルダを指定してあげるとセットアップが
 進む流れとなります。(数回同じようなセットアップを繰り返すことになる)

 上手くセットアップできていれば、USB接続後、コマンドプロンプトから
 > adb shell
 と入力すると、端末のコンソールが表示される。
 試しに"ls"とか、"cd"コマンドを試してみるとよいでしょうう。

(3) カスタムROMを適用する準備をする

 ここから先をやっちゃうと保証対象外になります。
 引き返すなら今の内です。

 必要なものをダウンロードしておきます。

 ・ root権限取得 (SuperOneClick)
 ・ リカバリーイメージ (cm-recovery-1.4.img)
 ・ リカバリーイメージ更新用ツール (flash_image)
 ・ カスタムROM (CyanogenMod 6.1.0)       )
 ・ Google Addon

 カスタムROMは、XDAのサイトで登録が必要です。
 (update-cm-6.1.0-DS-signed.zipをダウンロード)

 Google Addonは、Googleのアプリなのですが、一応非公開扱いらしく、
 カスタムROMに混ぜて配布していたところ、Googleから叱られたとのことで、
 別配布となっているようです。
 (gapps-mdpi-tiny-20100814-signed.zipをダウンロード)

 全般的に特にこれでなければいけないというわけではありません。
 root権限取得にAndroidアプリのsteupsu.apkを利用し、ROM反映にROM Manager
 を使って、端末オンリーでカスタムROMを反映する方法もあります。
 (わたしがなんとなく面倒な方法でやっただけです)

(4) root権限取得

 SuperOneClickをWindows上に展開して、USB接続してroot化ボタンをポチです。
 それだけであとはツールが頑張ってくれます。2度確認ダイアログが出ますが、
 はいはいで進めます。(参考サイト(a)参照)

(5) リカバリーイメージ更新

 ROM反映用のリカバリープログラムを差し替えてしまいます。
 話によると、元々プログラム差し替え用のflash_imageが、/system/bin 配下に
 あったそうなのですが、Android 1.6にアップした時点で削除されたようです。

 というわけで、どこかからカスタムROM「dwang-v1.17.1.zip」をダウンロード
 してきて、その中にあるものをHT-03A内にコピーします。(参考サイト(b)参照)

 ここまでできたら、cm-recovery-1.4.imgをSDカードに置いといて、adb shell
 でリカバリーイメージを更新します。(参考サイト(b)参照)

(6) カスタムROM更新

 [Alt+B] nandroid v2.2 backupで、現在適用しているROMのバックアップをとります。
 (SDカードに保存されます)

 [Alt+A] apply any zip from sdで、カスタムROM、Google Addonの順に反映します。
 ただし、反映前や後に[Alt+W] wipe data/factory resetで、ユーザデータを
 破棄しておいた方がよいようです。

 反映できたら、[Home+Back] reboot system nowで、リブートします。
 無事、CyanogenModのスプラッシュイメージが表示されれば、おそらく大丈夫です。

(7) おまけ

 Google Addonは、gapps-mdpi-tiny-20101020-signed.zipの方が新しいのですが、
 上記方法でこれを反映したら、マーケットアプリがバージョンがどうのとかで
 インストールできなかったので、gapps-mdpi-tiny-20100814-signed.zipの方を
 反映しました。原因などは調べてないので、わかりません。

【参考にしたサイト】
 (a) http://smartgoods.me/2011/01/ht03a_in_the_customrom_world/
 (b) http://blog.pdns.jp/?p=333
 (c) http://acc.komugi.net/?%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%2FFlashRecovery


Xperia arc 買った

 さすがに最新です。タッチしたときの反応が全然違います。

HT-03AやIS01をメインに使っておらず、従来のガラケーがメインだったため、
いろいろとデータ移行とかする必要がありました。

(1) 電話帳

 電話帳は電話帳コピーツールなるものが、初期アプリとしてあるため、
 対応する電話帳データを端末にコピーさえしてあげれば、あとはツールで
 インポート可能です。


 肝心のガラケーのデータをどうやって出力するかですが、
 microSDへvCard形式でのエクスポートとなります。
 それはmova時代からある出力方法なので、できないことは
 ないだろうかと思います。

 あとは、PC経由とかでコピーしてあげれば、OKです。

(2) メールデータ

 メールデータは、spモードメールアプリに電話帳同様にインポート機能があります。
 これは、eml形式のファイルを取り込むことが可能です。
 ガラケーからのmicroSDへのバックアップは、vMsg方式なので、
 これをemlに変換してあげる必要があります。

 以下のサイトで変換ツールについて解説されています。

あとは写真とかなので、これは変換しなくてもmicroSDにバックアップ、
そして、PC経由でコピーしてあげれば、データ移行ができます。



IS01買った

 ドコモユーザな自分ですが、興味津々にIS01買ってみました。

ISデビュー割(-1,095円)というのがあり、2年縛りで基本使用料+端末代で
約1,500円/月になります。通信しまくったら、+数千円ってとこでしょうか。

ただ、携帯はドコモで通話しないし、通信はWi-Fiオンリーなので、
SIMも抜いちゃって、最低使用料固定なので、大体2年縛りの終わりまで
約36,000円ぐらいってとこですね。

不意の残業で稼いだお金を引き落し口座に入れとけばあとは心配無用。

使用感は以下のような感じです。

【デザイン】
メガネケースみたいです。開いたらニンテンドーDS。
知らない人が見たら、電子辞書ぐらいに見えるはず。
そんなに悪いものではないと思います。
個人的には畳んだ時の外観がアッサリしてて良いですね。

【携帯性】
携帯電話じゃない(?)ので、カバンに入れて持ち歩きましょう。
畳んだ時の厚さは普通の畳む携帯電話と同じぐらいで、
縦横の大きさは折りたたまない財布より小さいぐらい。
なので、ズボンのポケットに入れることも可能です。
でもまぁ、やめといた方がいいです。

【操作感】
HT-03と比べてですが、レスポンスいいです。さすがシャープ製。
キーボードはサイズがサイズなので、ピッチが小さいので、
ブラインドタッチは無理です。ちょっとはみ出ちゃう感じ。
とはいうものの、通常の携帯電話サイズのキーボード付き
みたいなのよりは押しやすいです。
タッチパネルもそれなりに感度よしです。

【文字変換】
キーボード付ということもあって、入力はキーボードから。
なので、通常のPCでの文字変換と同じようなものです。
あとは辞書ぐらい?その辺はカスタマイズ方法があんまり
わかっていないので、また今度ということで。

【メニュー】
通常のホーム画面にメニュー&ショートカット用のバーがあります。
ショートカット用のバーは複数あるホーム画面へ移動させても
常に表示しているので、頻度の高いアプリをセットしておくいいかも。
ただ、4件しかセットできないのが微妙です。枠的にあと2個は
いけるんですが、メニューボタン、起動中アプリボタンをアピール
したいのか、「メインメニュー」「起動中アプリ」という文字が
表示されます。最初はいいけど、後からは要らないからノーサンキュー
な仕様ですね。

【画面表示】
シャープ製だけあって、表示具合はいいです。
あとは画面が通常横向き状態のため、マーケットにあるアプリは
ひょっとしたらレイアウト微妙な感じになるかも。
端末を傾けると縦向き状態になります。
ただ、そうするとキーボードが横向いちゃうので、閲覧のみな
使用の場合じゃないと厳しいかも。

【バッテリー】
通常使う分には、Wi-FiでWebアクセスとかしてても1日は持つ感じ。
ワンセグ使うときは充電器で充電しながらの方がいいかもしれません。
PCにUSB接続で充電してたんですが、バッテリー切れでワンセグストップ
しました。USBだと充電あんまりしてくれない?

【総評】
ニンテンドーDSサイズのため、電車内で立った状態でも使えます。
なんか変な人が居るなぁと思われるかもしれないけどね。
小さい手帳のような感じで使えるので、文字入力が速くできると、
使い勝手かなりいいですね。


ネトラジ聞くには

元から入っているブラウザとDroidLiveというアプリ(無料)を組み合わせれば可能。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=KihUOcGLMUM

通信料は最大になるだろうが。。

拍手! - 1 SHOT APPLAUSE

Android Marketに登録する練習として、単純なアプリを作ってみました。


【拍手! 1.0】
ウィジェットにタッチしたら拍手の音が鳴るだけのアプリです。

こんな感じでホーム画面にウィジェットをはりつけて、
タッチすると、パチパチパチ〜という音が鳴ります。

拍手!ウィジェット


Android Market登録時に入力する項目については、
別途まとめてみようと思います。


Bluetooth機器 - ヘッドフォン

オーディオプレイヤーは以前から使っているものがあるのですが、
スマートフォンであるHT-03Aを主力のオーディオプレイヤーとして
使いたいな〜と思っていたのですが、付属のUSB接続のケーブルを
使うのはなんか嫌だったので、頑なに使っていませんでした。
(ケーブル長いし、USBが埋まっちゃうためです・・・)

というわけで、ここはぜひともBluetoothのヘッドフォンでと思い、
探していた所、近所のソフマップで「DRC-BT15」(SONY製)
というのが売ってたので、なけなしのお金をはたいて買いました。

DRC-BT15
http://www.sony.jp/headphone/products/DRC-BT15/

Bluetoothのヘッドフォンって色んなパターンがあるのですが、
次の点を重視して選びました。

・ ヘッドフォンにレシーバがくっついていない
・ レシーバとヘッドフォンが別
・ 両耳なやつ

良く見かけるのとして、片方に挿して、しかもレシーバも一緒に
なっているやつを見かけます。これ、ケーブルがないという点は
よいのですが、すっぽ抜けするとそのまま地面に落ちちゃったり、
耳への負荷が高かったり、なによりオーディオプレイヤーの
ヘッドフォンとして使うのに、モノラルになっちゃうのは、どう考えても
チョイスの対象としては、無いですよね。。。

実際に使ってみた感想としては、普通に使う分には音とびとかもないし、
有線のヘッドフォンと遜色ない感じです。あとは、ランニングしながら
とかだとどうなるかですね。また今度試してみます。

続きを読む >>

縦固定のおまじない

アプリの画面を縦固定にしたい。そんな時は、「AndroidManifest.xml」を編集。
Activityの属性に次の2件を追加すると縦固定になります。

android:screenOrientation="portrait"
android:configChanges="keyboardHidden|orientation"

前者が縦固定ですよ〜という属性で、portraitと指定すれば縦固定になります。

ただし、前者のみの場合は画面を横向けたりした時に、確かに縦固定のままとなる
のですが、Acitivityが再起動されます(onDestroyされて、またonCreateされる)。

これを防ぐために後者の属性も指定すると、再起動されなくなります。
キーボード付きの端末でキーボードを開くと画面が横向きになるのがあるのですが、
keyboardHiddenと書いてるので、それ用の指定のはず・・・(多分)
と、思わせぶりで、実は効果があるようです。これはこれで何で?とw

情報サイトを駆け巡ると、前者のことは良く出てくるのですが、
後者について書いているサイトってたま〜に見かけるぐらいです。

【参考サイト】
http://d.hatena.ne.jp/sunflat/20081221/p2

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM